男のきもの暦

九月その一

本来なら夏物を仕舞い、単衣ものに衣更えというところですが、今年の猛暑ではさすがにまだ普通の単衣は着たくありません。さりとて透けたものや麻は気がひける。
こんなとき重宝なのが木綿の着物です。中でも薄手でいて透けず、シャリ感が有って肌にも付かない絶妙の着心地なのが今日選んだ「綿ちぢみ」です。この素材は単衣から盛夏にかけて着られる、とても利口な着物です。お値段も小千谷以下で、しかも家で洗えるという、言う事なしのスグレモノです。女性のお客様には高級ゆかたとしてのご提案もしていますが、品のいい縞や格子柄が中心ですので、着物としても十分にお召しいただけます。
私は白っぽい縞を一枚持っているだけですが、来年は濃い地を仕立てたいと思っています。
最高級大島の代表的問屋「加納」 のオリジナル商品ですが、惜しむらくは男性用の広幅反物を作っていない事。普段着を楽しむ男性も少しずつ増えている今日、ぜひ男物も作ってほしいと思います。
とは言え、この価格帯でこの商品くらい風合いが良くて体に心地よい物はなく、コストパフォーマンスNo.1商品と言って間違いないでしょう。
帯は紗の博多のひとえ帯を合わせました。

呉服・着物・和装 高知県高知市 (c) ごふく美馬.