男のきもの暦

九月その四

やっと暑さも和らいで来ましたので仕事着も純粋な単衣になりました。
東京の織物問屋「秋場」の自社工場で織り上げた、絹ちぢみの着物です。
西陣御召しとも本塩澤とも違う独特の風合いで、毎年秋風の吹き始める頃になると愛用しております。
お稽古に伺った人間国宝山彦節子先生に「いいきもん(古い粋筋の東京人はきものとはおっしゃいません)着てんじゃないの」とお褒めいただきました。

呉服・着物・和装 高知県高知市 (c) ごふく美馬.