男のきもの暦

四月その一

この欄もとんだご無沙汰で・・・

春になると手に取るのがこの御召。矢代仁製の西陣絣御召です。
無地や縞ばかりだとつまらないのでたまにはこんな柄物を着ます。
幸田文さんは御召の着心地について、紬ほど突っ張らず、ちりめんほど体にしなだれ掛かって来ず、付かず離れずの風合いで好みである、と書いていらっしゃいます。

私もそんな御召が大好きです。

呉服・着物・和装 高知県高知市 (c) ごふく美馬.