火事

久々に火事で出動する。

遅い夕飯も済み、そろそろ上がろうと思った頃、かすかに消防のサイレンの様な音が聞こえた。空耳かと思っていたら二階から母が「今の音聞こえた?」と降りて来て、表の様子を伺いに行き「こじゃんち臭い」 という。

出て見ると確かに化学物質が燃える様な臭い。すわ火事か!又はサリンか?と昔なら自転車をぶっ飛ばして行くところだが、寄る年波。嫁に車を運転させて臭いの元へ。

火元は工場の倉庫であった。あまりにも体に悪そうな煙なので早々に退却。大事無ければ良いが。


夏火事や
シャツ投げつくる
女房かな

呉服・着物・和装 高知県高知市 (c) ごふく美馬.