おしゃれに定年なし

今日はうちのお得意様の中でも一番御姉様だと思われるS様が夏物の仕立て上がりを取りに見えられました。


着物は小千谷の絹ちぢみ、反物の時は糊が効いてパリパリだったのが、地入れをして何とも言えない風合いになりました。合わせた帯は麻の染帯。傘にツバメの模様です。前柄は柳に雨で、帯と同系色の帯〆に着物の地色の共薄の帯揚げ(素材は絽麻)ですっきりとまとめました。

八十路を過ぎても、こんなおしゃれを楽しまれるS様は、実に人生の達人でいらっしゃると、スタッフ一同感服しております。

呉服・着物・和装 高知県高知市 (c) ごふく美馬.