罪と罰

千葉法相の起こした死刑についての俄の議論。これも私に言わせれば、一方通行である。

死刑というものを、刑罰の中だけで考えるから間違いが起こる。

むろん法の大原則に従って、疑わしきは罰せず、というのは当たり前の事であって、冤罪の可能性が一%でもあれば、死刑執行は行われてはならない。しかし、百パーセントその可能性が有り得ない場合、つまり衆人監視の中で行われた殺戮、虐殺に対してはこれはその執行を躊躇う事は、むしろ命の尊厳に対して不真面目であると私は考える。

死刑について、「罰」としての側面だけでなく、死をもって償わなくてはならない「罪」というものがあり得るのか、それはどういった場合か?それを考えれば答は自ずと出るはずである。

義務なきところに権利無し。

呉服・着物・和装 高知県高知市 (c) ごふく美馬.