美馬ごのみ美人繪圖 第一葉


本結城に準ずる着心地で、多くの織物ファンを魅了する志乎路紬。

以前は花柄なども多く織られていましたが、最近では縞や円などクールな文様が中心になっています。

これは象牙色の地に、珍しい小格子と横段の肩身替わり。

一目でそれと分からぬ微妙な柄の違いが、おしゃれ心をくすぐります。

帯合わせによってガラリと表情を変えるスグレモノ。

色んな組合せを拝見していますが、今夜のチューリップ文様の更紗染帯は大ヒット。

地色の象牙色、格子の焦茶、チューリップのボルドー、全てが喧嘩せずに調和しています。

直線×曲線、幾何学×植物という大基本を踏まえ、なおかつ遊び心を感じさせるお手本です。

呉服・着物・和装 高知県高知市 (c) ごふく美馬.